• ホーム
  • 若年層で性感染症の患者が増加している社会的背景を知っておこう

若年層で性感染症の患者が増加している社会的背景を知っておこう

2020年06月19日

性感染症は若年層を中心に患者が増加しているといわれています。この理由は性の低年齢化とオープンな恋愛事情にあると考えられているようです。性教育は数十年前よりは進んでいるといわれていますが、完全ではない場面も少なくありません。また、性の多様化がどんどん認められており、セックスは異性間での行動ではなくなっています。同性間でのセックスもオープン化していることも理由のひとつとみて取れます。また、特定のパートナー以外の異性や同性とセックスをすることも多くなっており、性感染症のリスクが増加しています。とある文献によると、性行為のパートナーが常時4人以上いることと、半年以内に性交渉を行うパートナーが変わったことによって、性感染症のリスクは大きくなると言われているそうです。これは若年層の男女を問わず同じような確率で起こっているとされています。

先ほど、性教育は進んでいると記しましたが、避妊に関してはまだまだ発展途上の段階です。日本では男性主体となるコンドームによる避妊の手段が性感染症を予防する第一の手立てとなっています。女性の場合は経口避妊薬(ピル)の服用で妊娠の成立を阻止することができますが、性感染症の予防には無意味であることは容易に想像がつくでしょう。ピルを使っているから避妊は不要だ、コンドームを使わないセックスはお互いに気持ちがよいというような意識が常態化すれば、性感染症のリスクは高まるうえに、若年層というくくりのの下限がどんどん下がっていくことが考えられます。

また、性に関する間違った知識やそれに対する興味も、性感染症リスクが増加する社会的背景の一つとして考えられます。性的好奇心をあおるような漫画やアニメーション、DVDなどが増えており、インターネットの普及によって若年層も容易に目に触れられるようになりました。過激な内容な性行為であったり、DVDなどで表現されている行為の内容を実際に試しているというケースでは、女性の性感染症のリスクが高まっています。特に、DVDなどで繰り広げられる性行為の表現によって、個人の性的嗜好が肯定されていると勘違いする人も増えており、その結果感染のリスクを高めていることも否めません。
また、風俗店を常時利用しているというような男性も、自覚がないまま感染している可能性が考えられます。

国も性感染症の増加に歯止めをかけるべく、リスクがあることを呼び掛けていますが、なかなか浸透していない事実も否めません。

関連記事
クラミジアの不顕性感染だった男性の症状が悪化するとどうなってしまうの?

細菌やウイルスの感染を受けたにもかかわらず、症状が出ていない状態のことを不顕性感染(ふけんせいかんせん)といいます。中でもクラミジアは、無症状のまま菌だけが繁殖していくということが多い不顕性感染者が多くみられます。体調不良などの症状が出ない無症状のまま保菌者となり、性交渉を行うことによって第三者へ菌...

2020年03月28日
クラミジアが原因で直腸炎になってしまうことって本当にあるの?

直腸炎(ちょくちょうえん)とは、文字通り直腸に生じた炎症です。直腸炎を発症すると常に便意を感じている状態になったり、排便痛を伴うようになります。場合によっては出血なども見られますので、排便に恐怖を感じる人もわずかながら見られます。原因としては、クローン病や潰瘍性大腸症候群などの難病、がんのほか、薬剤...

2020年05月20日
女性のクラミジアに対処せずに悪化していったときの症状変化の流れ

女性に起こるクラミジアの初期症状は、無症状と言われています。特に感染しやすい子宮頚管は神経が通っていない場所ですので、痛みなどを感じにくいからです。ただし菌の侵襲によって膣の自浄作用や提供力が失われ、おりものが増えたり、臭いがキツくなるというような症状が現れます。場合によっては尿道炎や膀胱炎の症状も...

2020年04月23日
クラミジアにかかってしまったときにはアジーを薬として使ってみよう

もし、クラミジアにかかっていることが分かった場合、本来ならば医師の診察を受けるべきです。けれど、いつ感染したかわからないし相手がいることなので、人知れず治療したいと考えることもあるでしょう。クラミジアの治療薬として選択されるのはマクロライド系の抗生物質です。1週間ほど飲み続けて様子を見るという治療が...

2020年03月24日
クラミジアに感染すると膀胱炎が引き起こされてしまうのはなぜ?

クラミジアに感染すると、男女問わず膀胱炎の症状が引き起こされてしまいます。特に顕著なのは男性です。男性の場合、尿道と生殖器が一つですので、感染してしまうと菌が膀胱へ到達してしまうことが大半です。尿道に感染する場合でも、排尿をする場合に痛みを伴うことがあります。炎症が尿道をふさいでしまうため痛みを強く...

2020年03月22日
感染経路からわかるクラミジアに感染しないための基本的な対策方法

まずは、クラミジアの感染経路をおさらいしましょう。性感染症の一般的な媒介は性行為そのものです。男女間のみならず、このところでは同性間の性行為でも容易に感染するようになりました。女性の場合は子宮頚管に菌が付着することで発症することが大半ですが、咽頭や直腸にも感染することが分かっています。これは男性が口...

2020年03月20日